性器ヘルペスの治療薬バルトレックスと小児と知恵袋

性感染症は、世界中で問題となっている病気ですが、日本も例外ではありません。
日本では、若い年代の男女の患者も増えており、社会問題となっています。
特に多いのが、性器ヘルペスの患者で、淋病の患者が減少している一方、性器ヘルペスの患者はなかなか減らないのです。
性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスが原因となって発症し、性器などに水ぶくれができます。
単純ヘルペスウイルスには、1型と2型があり、性器ヘルペスは、単純ヘルペス2型が原因となって起こります。
単純ヘルペスウイルスは、感染して免疫ができたとしても、ストレスや病気などで体力が衰えると、再発することがあります。
ヘルペスウイルスは、人間の神経細胞に潜伏し、何らかの刺激によって、粘膜や皮膚に出てきます。
単純ヘルペスウイルスは、感染力が高いので、パートナーに感染することも多いです。
また、母親が性器ヘルペスにかかっていると、小児もヘルペスに感染する可能性があります。
小児は、大人に比べると免疫力が低いので、ヘルペスに感染しないように気を付けてあげる必要があります。
母親は、性器ヘルペスの症状が現れたら、小児などに感染しないように、タオルなどを共有しないことが大切です。
そして、早く性器ヘルペスを治療することが大事です。
性器ヘルペスの治療薬では、バルトレックスがよく知られています。
バルトレックスは、単純ヘルペスウイルスの増殖を抑制します。
抗ウイルス薬であるバルトレックスを早めに使うことで、性器ヘルペスを早く治すことも可能です。
もし、小児にヘルペスの症状が出た場合は、すぐに小児科の医師に相談した方がいいです。
日本には、知恵袋というサービスがあります。
知恵袋を利用すると、同じような経験をした人が見つかることがあります。
また、知恵袋には役立つ情報がたくさん書かれているので、不安な場合はチェックしてみるといいです。

ページトップへ