感染率の高いウイルスによる疾患にはバルトレックス

感染率の高いウイルスと言えば、帯状疱疹です。
ストレスや疲労などによって免疫機能が低下しているときに、ウイルスが侵入しやすくなっているときに起こる疾患です。チクチクした痛みを伴いながら患部が紅くなったりします。胸部や口周りにできやすいです。自然に放置しておいても完治しますが、やはり薬を使いたいものです。そのときに、バルトレックスと呼ばれる抗ウイルス薬が効果的です。飲み方としては、患部の状態にもよりますが、1日2回を数日間服用続けます。また抗ウイルス薬の軟膏を使用する場合もあります。数日間すると、ほとんどは完治します。ただし抗生剤に属しますので、副作用として下痢や蕁麻疹が発症する場合がありますので、注意することが必要です。
バルトレックスは高価ですので、ほとんどの方は、ジェネリック(後発医薬品)を希望されます。ジャネリックとは新薬と効果が同じで値段が安いです。バルトレックスのジェネリックは半分以下の値段ですので、ぜひジェネリックを使用することをおすすめします。薬剤師さんの方からもジェネリックに関して説明がありますので、不明な点などはお聞きください。
バルトレックスの適用は帯状疱疹ですので、例えばウイルスの代表で感染率の高い「インフルエンザ」には効果がないです。ウイルスといっても種類がたくさんありますんで、どうようなウイルスに罹っているのかを医師が判断したうえで薬を決めていきますので、薬が交付されたら指示通りに服用しましょう。
感染率の高い「帯状疱疹」に罹ると、家族などは移りやすくなりますので、同じタオルの使用を避けたりすることを徹底しましょう。まずは同じものに触れたら、石鹸でしっかり洗うことです。

ページトップへ